プリザーブドフラワーとは

プリザーブドフラワー (preserved flower) とは、美しい姿で長期間保存することが出来るように専用の溶液を用いて加工された花のことです。「プリザーブ」 (preserve) とは英語で「保存する」の意味。1991年にフランスのヴェルモント社が開発し、クリスチャン・トルチュやケネス・ターナーなどフラワーデザイナーが相次いで作品に取り入れたことにより日本を含む世界に広まりました。

 

プリザーブドフラワーは、生花を特殊加工したものですので、質感は生花のもの!生花にはないような色合いがあるのも特徴のひとつです。真空保存加工を施せば、その美しさを半永久的に保つことができると言われています。

ただ、デリケートなものになりますので、直接的な風や直射日光、湿気には弱いです。保管場所に気をつけていただくことも、『枯れないお花』と言われるプリザーブドフラワーを、より長く楽しむためには必要です。

お問い合わせ

メール:info@svasti-rose.jp 

(返信に時間がかかる場合がございます。ご了承ください。)

 

電話番号:090-8661-3944  

(電話が繋がらない場合は、メールにてお問い合わせ下さい。)

 

月曜日~金曜日
10:00~17:00

 

お問合わせはこちらから